2018年12月09日

コトブキヤ メガミデバイス 朱羅 弓兵さんを作る!な後編


20181109a41.jpg20181109a42.jpg
って事で初のメガミデバイス弓兵さん一応完成。
肌のみまだ未塗装なので一応になってますね。
塗ると動かせないし塗らなくても綺麗だから。
ちなみに以前長々と後編を書いてる時に記事のデータが消えてしまったのでやる気無くもう一回書き直してます。
なので至る所手抜き。

20181109a105.jpg
基本の素体モードですが、横の未塗装と比べてもデカールのある無しぐらいしかパッと見は分かりませんね。
これなら塗らなくても十分な感じ、まぁ遊ぶならではですけどね。
ただ金のパーツは成形色がどうしてもイマイチなのでそこだけは塗った方がいいかもねこれは。
塗装は轟雷さんと同じで全てラッカーですが、つや消しは調合した物ではなく今回はスーパースムースクリアーを使ってますね。

20181109a43.jpg20181109a44.jpg
素体モードはシンプルな分武装モードとは違った雰囲気のポーズをつけられますね。
こういう体勢に出来るのも可動フィギュアならではですね~。

20181109a46.jpg
今回初めて腕と足の合わせ目消しをしてるのでどこからとっても違和感は無い...けど実際は肌の塗装をしていないので肌の部分のみ接合部が見えるのがね。
まぁデジカメが古いので普通にとっても合わせ目が見えないんですが...。
弓兵さんどこから撮っても見栄えが良いですが、実際には結構ポーズを決めるのが難しい。
特に顎を常時最大まで引いていないと妙に見栄えが悪い弱点がある。
全体的にかなり強調したモデル立ちさせないと締まった感じのポーズにはならない気がします。

20181109a47.jpg20181109a69.jpg
今度は武装モードの足の装甲を付けていない物。
これが武装モードの基本になるのかなと。
ちなみに組み立ててる最中に気が付いたんだけど、襟の部分のパーツのデカールがずれてる事に気づく。
もうね、
ギャ~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!
って感じ。
いつずれたのかも分からなかった...。
以前にもMGのサザビーさん組んだ時にデカールが意図せずずれたことがありますがそれと同じだね。
しかも正面からだと妙に目立つのがショック。
つや消し吹く前に気付いてたら...。
ちなみに頭側面のパーツの黒い部分、デカールもあるけど塗装しちゃえって事で塗装したらマスキングに失敗しました。
なのでまたもう一度基本色の白を吹いて今度はデカールを貼り付けてます。
デカール万歳。

20181109a49.jpg20181109a50.jpg
20181109a68.jpg20181109a53.jpg
20181109a54.jpg
ちょこっとポーズ替え。
何というかくノ一って感じの弓兵さんって言うか弓持ってなかったら普通にくノ一だよね。
スラッとした素体モードと違って少し機械的なデザインなのでこちらのモードはかっこいいね。
ちなみに足の部分は面倒なので合わせ目消しはしませんでしたね。
でも合わせ目は基本後ろ側しか見えないので別にしなくても気にならないようにデザインされてるのが良いです。

20181109a72.jpg20181109a73.jpg
武装モードでも小首を傾げるだけで妙に可愛らしく見える弓兵さん。

20181109a67.jpg
撮影モードを間違えて撮った物。
何かこう夜中に襲って来そうな雰囲気...。

20181109a63.jpg


20181109a59.jpg20181109a60.jpg
阿波踊り弓兵さん。
和風なので阿波踊りが妙に似合ってる気がしますがどうでしょうね。
ちなみに自分は徳島生まれですが阿波踊りは踊った事は無いッ!

20181109a74.jpg20181109a76.jpg
20181109a77.jpg
表情を変えて..。
弓兵さん基本おっとりぽわぽわ系に見えるので表情を変えると別キャラのように見える。
こちらはかっこいいポーズが合いますね。

20181109a61.jpg
20181109a62.jpg20181109a64.jpg
20181109a65.jpg20181109a66.jpg
またちょこっとポーズを変えて..。
素体モードに比べると動きの制限が大きいんですがそれでも色々と思ったようにポーズをつけられますね。
弓兵さんどこから見てもカワユ。
後ろのフィギュアは気にしない!

20181109a56.jpg20181109a57.jpg20181109a58.jpg
ちょこっとFAGの轟雷さんと。
台座に乗ってるけどそれでも大分小さいですね。
ただ結った髪で同じような大きさになってます。
胸の大きさははるかに勝ってますが、如何せん足が短.....。

20181109a78.jpg20181109a79.jpg
20181109a81.jpg
足の装甲部分をつけた弓兵さん。
弓兵さんらしく袴っぽいデザインの装甲でどっしりした重量感のある雰囲気になりますね。
色的に明るくなって先ほどよりも女性っぽい感じになりますね。

20181109a83.jpg20181109a82.jpg
20181109a84.jpg20181109a85.jpg
ポニーテールとなるとやはり結ってるポーズ!ですね。
何とも色っぽくて個人的に好きなポーズですが、まさかプラモデルでこんなポーズが似合う物が出るとは思いもしなかった今日この頃。
ホント良い時代になりました。

20181109a86.jpg20181109a88.jpg
弓兵さん妙に包容力があるのでそういうポーズを。
...何かプラモデルに見えなくなってくる...。

20181109a106.jpg
武装モードの未塗装と塗装した物を並べた物。
色分けする所は数箇所ありますが結構地味な所が多いのでほとんど気付かないレベルですね。
と言うかほぼ同色で塗装してると塗ってるのか塗ってないのかすら分からない感じ。
はっきり言って部分塗装で十分だね。
ちなみにデカールにも塗装用と未塗装用があるぐらいなのでかなりユーザーフレンドリーですね。
ただ100枚近いデカール量で水転写なのでプラモデルが初めての人にはかなりきついかもしれない。

20181109a90.jpg20181109a93.jpg
20181109a91.jpgDSCN6746.JPG
パッケージと同じポーズ。
さすがメインポーズだけ合って見た目が映えますね。
しかし弓が大きいね〜大きすぎて距離が必要だったので妙に撮り辛かった。
実際このまま棚に飾ろうとしたら天井につっかえて入りませんでした。
ちなみにそれなりの重量なのでベースの支柱がかなり曲がりますね。
それと接合部を緩くしてると重さで耐えられなくて前のめりになっちゃいます。
右下は未塗装の物。
弓のブレード部の色分け塗装が結構めんどくさかった感じ。

20181109a94.jpg20181109a95.jpg
20181109a96.jpg
いつもの所で。
って事で初のメガミデバイス弓兵さんでしたが、さすが売れまくっただけの事はある素晴らしいプラモでしたね。
遊んでも良いし飾ってもいい、しかも好きなポーズで楽しめるのはプラモならではって感じ。
通常の弓兵さんはもう一つ買ってあるのでまた来年ぐらい違った色で作ってみようかなと思ってます。
あ〜髪の毛の合わせ目考えるだけでヤル気が...。
弓兵さんは今回と同じ通常の物が来年始めに再販されるようなので興味がありましたら買われてみてはと思いますよ。
実際買って作ってみると何と言うかプラモデルのイメージが変わるかも。

20181109a104.jpg
美少女プラモも今回で3つ目ですが...結構減ったかな...と思ったら作ってる間に増えてますね。
冬は寒くてプラモは作れないので次は来年の春を予定してますが、ちなみにこの他にすでに予約してるのが
轟雷改 Ver.2
レティシア
猟兵型エーデルワイス
フレズヴェルク Bikini Armor Ver.

oh...
減るどころかこれは増える一方かも...コトブキヤ恐るべし良い意味でだけど。


20181109a107.jpg
ちなみにこの後作った余剰パーツでの試作品の記事はこちら

番外編
20191209a.jpg20191209b.jpg20191209c.jpg20191209d.jpg


web拍手 by FC2
posted by Takatan at 10:22 | 徳島 ☁ | Comment(0) | 美少女系プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: